ぷらもでる

 いやはや、プラモデルって何ぁ〜んてステキな響きなんでしょっ!

 物心ついた頃、鉄人28号の50円だったかのプラモを作って以来、もう40年以上もの月日をプラモと共に(?)歩んできた私なのでした。
 
#当時380円(だったかな?)の目が光り歩く鉄人28号は
 #我が家が貧乏だったので買えませんでした。(..;)

 それから勿論、私も世間の子供たちがそうであったように、動くプラモにもハマリまくりましたし、戦車やジオラマにもハマリました。
 ゴム動力の潜水艦を1時間で作り終え、小学校の池に持ち込んでワイワイやってて教頭先生から大目玉くった・・なぁ〜んて事も...。今は懐かしい想い出っすわ。

 でもって、東京・千葉に在住中(20才前後)は、レシプロ機にハマってしまい、英国機の第2次対戦機はほとんど作り尽くしてしまったほどです。
 ま、そのおかげさんで、今はなきイギリスプラモメーカーの「FROG」やら、ソ連(現ロシア)の「NOVO」とかのキットも収集できたのですが、今では希少価値が出てしまい、作るに作れない有様なのでした。ハハッ!

 んで、現在は・・と言うと、車プラモ作りにハマっています。とは言っても、毎年お正月の三ヶ日にプラモ愛好家(笑)3人と制作限界に挑戦するかのような制作活動・・を行うのみになってしまっているのですが...。f^^;)
 まぁ、このプラモ三昧とでも言う3日間で毎年新年が明けるんですから、幸せと言えば幸せなんでしょうね。ハハッ!

 てなわけで、プラモに関するプロローグはこれくらいにして、今後は制作したプラモやら、未制作の絶版キットなどをこのコーナーでご紹介していきましょうか...。(^_^)


Back to - Hobby Top Page - go to - Note of Plastic Model Vol.1 - page