記事一覧

CUP 260発売のご案内(世界限定50台となり、)

アップロードファイル 119-1.jpg

世界限定50台となり、日本への導入台数は、受注分のみとなります

車両本体価格: ¥9,490,000(消費税込み)(オプション装備及びリサイクル料金を除く)

*******メルマガにて限定情報配信************

パスワードはメルマガ登録後、モバイルメールにて
問い合わせください。

ロータス・エキシージ・CUP260 主要スペック
最高出力
192kW (260PS)
最大トルク
236Nm (24.1kgm)
車両重量
890kg
パワーウェイトレシオ(オプションなし)
161kW/t (4.56kg/PS)
パフォーマンス 最高速度 加速性能
245km/h
0~100km/h 加速4.1秒
0~160km/h 加速9.9秒
CO2エミッション
216g/km
燃費(複合サイクル) (参考値)
9.1リットル/100km

<<<<<エキシージ・カップ260 参考資料>>>>>
[軽量化]
カーボンファイバー素材(12kgの軽量化)

ルーフパネル
FIA公認HANS対応の運転席・助手席シート
ワンピース成形のカーボンファイバーダッシュパネル
リアテールゲート
フロントアクセスパネル
フロントスプリッター
サイドエアインテークダクト
リアスポイラー
軽量コンポーネント(22kgの軽量化):
軽量モータースポーツバッテリー
12本スポーク超軽量鍛造アロイホイール
軽量コーティングを施した改良型リアエンジンサブフレーム
軽量フライホイール
軽量複合バルクヘッドパネル(リアウィンドウ部)
アロイ製スーパーチャージャーU字パイプ
フットウェルパッド
この他、カーペットやトランクカーペット、
マッドフラップ、
バッテリーカバー、
インテリアミラー、
サンバイザー、リアテールゲートのガスストラットなどのコンポーネントや装備を取り外したことで、さらに4kgの軽量化をしています。

しかし、ユーザーのニーズに応えるため、エアコンディショナーをオプション設定し、ロータスメタリック、ライフスタイル、プレミアムのボディーカラーバリエーションも展開しています。

エキシージ・カップ260は、総重量をわずか890kgに抑え、驚異のパワーウェイトレシオ291PS/トンを実現しました。

[ホイール・タイヤ]
ばね下重量を減らし、従来のエキシージの超軽量鍛造ホイールからさらに10kgの重量減に成功した超軽量ホイールに、ロータス専用のコンパウンドを採用したヨコハマA048 LTSタイヤを装着。
グリップを最大限に引き出し、ロータス・エンジニアリングこだわりのライド&ハンドリングを実現します。

[安全装備]
エキシージ・カップ260には、FIA公認HANS対応のカーボンファイバー製軽量スポーツシート*、3点式Webb Lockハーネス(サーキット走行用として、4点式または6点式の運転席・助手席シートベルトハーネスをオプション設定)といった、レースカーに求められる安全装備がそろっています。

* このシートは、サーキット走行専用のディーラーオプションとして提供されるシートランナーと併せて取り付けられた場合に、FIA公認となります)

ボディ同色のロータススポーツAフレームには高強度のスチールロールバーが標準装着され、フロントロールケージはディーラーオプションとして設定されています。

シャーシにはフロントロールケージ取り付け用の穴があらかじめ開けてあり、ルーフパネルを外して作業すれば簡単に行えます。

このほかにも、コックピットの内外で操作できるFIA公認のイグニション用キルスイッチおよび自動消火システムを備え、さらなる安全性を確保しています。

シャーシには、現行のロータス車と同様、非常に強度に優れた押出アルミ接合シャーシタブを使用し、さらに、衝突時の衝撃を吸収するよう設計された、複合材使用のフロントクラッシュ構造を採用しています。

[サスペンション]
アイバッハ製スプリング、ビルシュタイン製1ウェイアジャスタブルダンパー、および補強された調整可能なフロントアンチロールバーが採用され、ハンドリング特性をユーザーの好みに合わせてカスタマイズすることができます。

エキシージ・カップ260はサーキット走行を想定しているため、レースやトラックデイでの過酷な走行で縁石による衝撃を受けることを想定し、二面せん断式トラックコントロールアームブレースを装備しています。

[ブレーキ]
ブレーキシステムには、フロントに308mm径2ピースアルミベル付き鋳鉄製クロスドリルドベンチレーテッドディスク、リアに282mm径クロスドリルドベンチレーテッドディスクを採用。

ブレーキキャリパー(APレーシング製2ピースラディアルマウントキャリパー、フロントは4ピストン、リアはブレンボ製スライディングピストン)には、パジッド製の改良型RS14スポーツブレーキパッドを取り付け、ステンレススチール製ブレードブレーキホースを使用しています。

これらすべてを、レーシングチューンされたロータスのサーボアシスト付き4チャンネルABSシステムにつなげることで、ドライバーのコントロールを損なうことなく、高いブレーキ性能を引き出し、制動距離を最短にすることに成功しています。

[パフォーマンス、燃費、CO2排出量]
エキシージ・カップ260は、サーキットを走るロードカーとして最速クラスの車です。

その卓越したパフォーマンスのカギを握るのは、40kg/160kmを超えるダウンフォースを発生し、高速走行における高いグリップ力と優れた安定性を実現するエアロダイナミクス。

時速およそ245kmの最高速度に加え、0~160km/hを約9.9秒、0~100km/hを約4.1秒という加速力を誇る2009年モデルのエキシージ・カップ260は、本格的なレースを共に戦う最高のパートナーといえるでしょう。

しかも、複合燃費9.1リットル/100kmという経済性、CO2排出216 g/kmという環境への配慮も兼ね備えています。

[エンジン]
スーパーチャージャーとインタークーラーを搭載したエキシージ・カップ260のエンジンは、192kW(260PS)/8000rpmの最高出力、236Nm(24.1kgm)/6000rpmの最大トルクを生み出します。
これほどまでに余裕をもったパワーとトルク、そしてVVTL-i(連続可変バルブタイミング機構)の可変カムシステムによって、エンジンの回転速度を低速から最大の8000rpmまで一気に上げた場合も、スムーズかつリニアな出力の上昇が確保されています。

イートン製ルーツ式M62スーパーチャージャー(完全密封構造のためエンジンオイル不要)はクランクシャフトから駆動され、部分負荷運転用の内蔵式バイパスバルブを搭載。給気(スーパーチャージャーで加圧されたエア)は、空冷式インタークーラーで冷却され、設計変更されたルーフスクープから取り込まれてエンジン本体に送り込まれます。

すべての給気ダクト類は、パイプの直径を大きくして可能な限り短くすることにより、配管上の制約をできるだけ少なくするとともに、スロットルのレスポンスと効率性を最大限に引き出します。

軽量フライホイールが装備され、ギアチェンジがこれまで以上に柔軟かつ機敏に。

エンジンのパワーとトルクは、スポーツタイプのクラッチプレートと強化クラッチカバーを介し、エキシージSと同じ完璧なギア比に調節された軽量C64 6速ギアボックス(アルミケース製)に伝えられます。

トルクセンサー付きリミテッドスリップデフを標準装備し、プレート式リミテッドスリップデフをオプションとして用意。

また、Accusump(油圧アキュムレーター)バックアップ用オイルリザーバがパッケージングされており、過酷なサーキット走行においてもエンジンの油圧が一定に保たれます。

軽量モータースポーツバッテリーは、従来品より5kg軽くなっています。

リアアクスルの後ろという、パフォーマンスとハンドリングへの影響が最も大きい箇所に設置されているため、単なる軽量化以上の効果があります。

[ローンチコントロール・バリアブルトラクションコントロール]
ローンチコントロールを使用すれば、スタンディングスタートの際の回転数を運転席から設定することができます。

レブリミットをプログラムしておくことにより、ドライバーはアクセルペダルを思い切り踏み込むだけで、クラッチ操作をすることなく、理想的に加速できます。

クラッチダンパーがクラッチからトランスミッションにかかる衝撃を和らげ、ドライブトレインに対する負荷を最小限に抑えます。

ローンチコントロールは、スタート直後のホイールスピンを防ぎ、9.6km/hまでスピードが上がると、トラクションコントロールがその役割を引き継ぎます。

トラクションコントロールも運転席から設定でき、運転中にコーナーの特性に合わせて変更することも可能です。

トラクションコントロールは、タイヤのスリップ率を最適とされる7%から完全なオフの状態まで、30段階以上の調節ができます。

トラクションコントロールの設定状況は、新型インストルメントパックのメッセージパネルに表示されます。

[ルーフスクープ]
軽量カーボンルーフパネルの一部として、大型のカーボンルーフスクープを採用。

4kgの軽量化に貢献するとともに、インタークーラーに十分な空気を取り込み、冷却を効率化しています。これにより、シリンダ内に高密度の空気を送り込める設計となっています。

エヴォーラ・スペシャルサイト・オープン!

アップロードファイル 116-1.jpg

エヴォーラ・スペシャルサイト・オープン!

LOTUS EVORA の日本語版スペシャルサイトがオープンいたしました.。

http://www.lotusevora.co.jp/