記事一覧

211(NA)期間限定注文受付中 (9月30日まで!)

アップロードファイル 111-2.jpg

自然吸気のロータス2イレブン登場
ボディーカラーも選べます。
***最終注文受付日 2008/9/30まで。***
納車予定は特別生産車輌となりますので、2009年1月以降となります。
詳しくは、お問合せ下さい。

車輌本体価格  ¥7,111,650(消費税込)
シャワーカバー ¥40,000(消費税込)
メーカー保証  ¥100,000(消費税込)
オプション
ボディーカラー ¥136,500~¥887,250(消費税込)
スポーツパック ¥861,000(消費税込)

 エントリーレベルの2イレブン、141kw(192PS)自然吸気エンジン仕様の登場によって、トラックデイ向けのパフォーマンスカー選びがぐんとエキサイティングになりました。グループ・ロータスplcのマイク・キンバリーCEOは、「2イレブンは他に例がないほど世界中でご好評をいただいています。そのおかげで、ロータスでは需要への対応が重大な課題となっています」と語っています。加えて同氏は、「トラックデイのファンをターゲットとしたセグメントで、クラスをリードする車としての自己主張を行っている2イレブンを見ると非常に心強く感じますし、2イレブンの素晴らしいパフォーマンスを楽しんでくださっている方々から極めて好意的なご意見をたくさん伺って、たいへん励みになっています」とも話しています。
 2イレブンのスーパーチャージャーモデルは、2007年の第77回ジュネーブ国際モーターショーで国際的にデビュー。
 最高出力188kw(255PS)のスーパーチャージド・エンジンを搭載した初期の仕様は、英国SVA(シングル・ビークル・アプルーバル)検査適合の公道仕様車、もしくはサーキット専用仕様車の選択肢で限定発売されました。
 その後、ロータス車でレースに参加している方々やロータス車オーナーの皆様から様々なご提案をいただき、2イレブンは各オーナー様のニーズに合わせたオプションパックを装備可能な車として自然吸気エンジン車両が今回発売されることになりました。
 自動車エンジニアリング・ダイレクターのロジャー・ベッカーの説明によると「ロータス車であるからには、どの車もすべて、走りを楽しめるものでなくてはなりません。そのDNAを最も色濃く映し出しているのが、鮮烈なパフォーマンスの2イレブン。ワインディングロードを疾走しようが、サーキットでグリップの限界に挑もうが、存分に走りを楽しむことができます」とのこと。
 続けて同氏は、「2イレブンのサスペンションは、サーキットで最適なハンドリング性能を得られるように、当社のダイナミクス・エンジニアが全面的に調整しており、極限状態で類まれなるバランスとコントロールを堪能できるようなセットアップになっています」とも語っています。
 ロータスは常に改良を推し進めることを旨とする企業であり、この熱意は軽量化によってパフォーマンスの限界を押し広げるという点にも現れています。
 ロータスの「軽量化によるパフォーマンスの向上」という理念の典型ともいえる、この720kg(1600lbs)の当車両は、エリーゼRと同じ141kw(192PS)の自然吸気・高速回転エンジンを搭載。この2イレブンは、最もベーシックな仕様のものでも、60mph加速わずか4.3秒という驚異的な加速性能を発揮し、最高速度は225km/h(140mph)にまで達します。
 2イレブンの軽量性、それはカーブでの俊敏性と陶酔感をもたらすパフォーマンスにダイレクトに反映されており、病み付きになるような興奮を味わわせてくれ、160km/h(100mph)で60kg(132lbs)のダウンフォースを発生させることができます。
 レースカー由来のダブルウィッシュボーン式サスペンションを採用し、公道で適法なロータス特製ヨコハマAO48セミスリック・コンパウンドタイヤを装着した2イレブンは、あらゆるロータス車がそうであるように、路面の微妙なニュアンスを余すところなくステアリングに伝えます。スポーツパックも追加すれば、オーリンズ製2ウェイ・アジャスタブルダンパーを装備して、サスペンションを調整できるようになります。
 そうすることで、お好みのハンドリング特性に調整可能となり、完璧なラップタイムからコンマ数秒を最後に削ることができるのです。
パフォーマンス計測値 自然吸気式
192PSエンジン
時間(秒)
 0-60mph 4.3
 0-100km/h 4.5
 0-100mph 11.1
 1/4マイル 13.1
 80-120km/h 4速 4.9
 80-120km/h 5速 6.7
 30-50km/h 4速 3.7
 40-60km/h 4速 3.7
 50-70km/h 5速 5.6
 最高速度(mph) 140
 最高速度(km/h) 225
 CO2排出量:216 g/km
 複合燃費:30.4mpg(9.3/100km)

ロータス・スポーツ
 ロータス・スポーツはロータス・カーズ社のパフォーマンス部門であり、有名なヘセル・テストトラックに隣接するノーフォーク本社内にあります。
 この部門は、ロード向けとサーキット向け、そして完全なレース向けに、究極のパフォーマンスカーを設計・製造するとともに、パフォーマンスパーツに関するサービスやオーダーメイドのドライバー訓練コースを提供しています。

以上